オーストラリアで人気の就労ビザ!S457について


こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアで4年働きながら住めるビザがあります。それがS457ビザ。このビザを経由すれば2年後には永住権の申請も可能に。

このビザは2018年4月18日から全く新しいTSSビザ(S482)に変わりました。したがって今はS457は申請できません。

これから新しく就労ビザを目指すのであればTSSビザページを読んでくださいね。

ただ、オーストラリア永住を考えた時にS457ビザの情報は履歴を知る上で未だに有益なので情報を整理して提供します。

S457とは

就労ビザやビジネスビザとも呼ばれています。移民局ではTemporary Work Skilled visa(S457)が正式名称みたいですね。

このビザはオーストラリアに働きながら4年間住めるビザです。

ただし、申請にはビザをサポートしてくれる会社に就職することが必要。この就職が難しいのでS457(就労ビザ)は申請のハードルがそれなりに高いと言われる理由ですね。

S457では2年間同じ会社で働くことで永住権の申請が可能です。

また同じ会社で2年以上働くことで永住権の申請が可能に。

ビザの申請には自分の職歴が職業リストに載っている必要があります。これは技術査定と呼ばれる審査を通して証明します。

ビザ発行までの流れ

S457ビザは発行までに次の3つの段階をふみます。

  • スポンサーシップ
  • ノミネーション
  • ビザ本申請

スポンサーシップ

この審査は会社が合法的に経営されているか。過去に法を破ったことがあるのか。実際に利益があるのか。などオーストラリアの法律を守りながら運営されているかどうかを審査します。

このプロセスは1カ月程度で判断が下ります。

ノミネーション

この段階では「オーストラリア永住者や市民でポジションを代替えできないのか?」「外国人の労働者である理由は?」などわざわざ海外から労働力を使わないといけない理由があるのかどうかをチェックします。

このプロセスも1カ月~3カ月程度でおわります。

ビザ本申請

上2つの審査が無事に終われば、ビザ申請者に対するチェックがはいります。この段階ではS457を申請する人がまっとうな人間なのかのチェックが行われます。

また技術系ビザなので技術査定の内容もオーストラリアで不足している職業かどうかをチェックされます。

この段階は5カ月~10カ月で終わります。

つまりビザの発行まで最長で1年ほど待つ可能性があるわけです。

そうすると、ボクのようにワーホリビザで働いている人は6カ月こ余裕で越えてしまうことに。そんなケースのためにある申請をすれば引き続き働けます。

ワーホリ中に6カ月を超えて働く

ワーキングホリデービザでは6カ月間しか働けません。ただこれには裏ワザがあってPermission To Workを申請することで6カ月を超えて働くことも可能です。

ビザ申請条件

ここではビザの申請に必要な主だった条件を書いていきます。この他、移民局がべっと要求してくる場合もあります。

職業

2018年の法改正までは職業経験がゼロでもS457を申請できました。法改正でその内容がなくなりビザにノミネートされる職業はCSOLやSOLなどオーストラリアで不足している職業に限定されています。自分の職歴をノミネートされる職業に当てはめられるか技術査定をするケースもあります。

CSOLやSOLは2018年に移民法の改正がありまったく新しい職業リストになりました。

英語力の証明

IELTSと同等のスコアがそれぞれのコンポーネントでスコアが4.5必要です。またOverallはスコアが5必要です。

英語力の証明は5つテストから選べるので自分にあうテストを選びましょう。

警察証明

犯罪歴があるかどうかのチェックが入ります。過去10年間に滞在したすべての国から証明書を取得します。取得までに時間がかかるので早めの対応を心がけてください。

日本の警察証明書を得るには各都道府県の警察署に連絡してください。
オーストラリアの警察証明書はAFP(Australian Federal Police)で申請すると住所に書類が送られてきます。

次のページ > 【オーストラリア】警察証明はビザ発行を左右するくらい重要な件

オーストラリアの価値観

ビザを申請する際にはオーストラリアの価値観を完全に同意が求められます。これはAustralian Valuesと呼ばれています。

こちらの記事では移民局で公開されているオーストラリアの価値観の日本語訳を用意しました。

子供を含める

S457(ビジネスビザ)でも他のビザと同じようにご家族を含められます。また申請中に子供が生まれた場合もビザが発行される前なら追加できます

S457ビザ申請で提出した書類

移民局で提出する書類は英語で翻訳します。

NATTIの資格保持者に翻訳を依頼するか、証明書の発行元に英語訳のものをもらってください。

ボクは英語で翻訳された証明書や資格を発行元の大学や行政から頂きました。

S457の基本的な書類

パスポートやIELTSのスコアが分かる書類を提出します。IELTSを日本で受けた場合は英語で書かれた証明書を提出します。

オンラインでIELTSの結果を確認したものを画面キャプチャーしてそれを送ることも可能です。ボクは手間の関係で画面キャプチャーを送りました。

またS457は任意保険の加入が義務付けられています。契約書を移民局に提出します。

資格証明書

職業に関係するオーストラリアや日本で取得した資格を提出します。ボクの場合は応用情報技術者試験の資格を英語訳のものを発行してもらい提出しました。

卒業証書

最終学歴がわかる卒業証書を英語訳で提出します。ボクは大学に2年次編入したので専門学校の卒業証書と大学の卒業証書それぞれ提出しました。専門学校と大学に問い合わせると英語訳の証書が発行できたのでそれを提出。

職務経歴書

ボクはノミネートされた職業で9年の経験があります。日本で転職した会社一つひとつに連絡をして自分で用意した職務経歴書の英語訳にサインをしていただき、それを提出しました。

次のページ > ビザ申請のノミネーションとは?オーストラリアに移住するために

移住へアドバイス

S457は就労ビザ(ビジネスビザ)の中で最も人気があるビザの一つ。申請条件が他の永住権やポイント制のテンポラリービザと比べて低いのが大きな理由です。

ボクがこのビザを選ぶ一番のおススメは2年働くことで永住権への道も開かれているからです。とってもおいしいビザでありませんか?

残念ながら2018年4月にこのビザは廃止されて、後継のビザとしてTemporary Skill Shortageビザ(TSS)がリリースされました。

TSSビザはこの記事で紹介したS457ビザと申請条件がにており、永住権のパスの残されています。

オーストラリア移住はまだまだ狙えるレベルなので挑戦するのもいいでしょう。

今回はS457の情報について申請条件や必要な書類、そして法改正があった関係するビザについて書いていきました。

法律はいつ変わるかもわかりません。常にスピードで対応しましょう。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリアで働くために必要な就労ビザの取り方教えます。【難易度は中】

次のページ > 【オーストラリア】就労ビザの難易度はやや高いけどまだ取れる【ガイド】

コメントを投稿