オーストラリアで看護師から狙える永住権5選!なりかたも解説!

こんにちは、中卒からオーストラリアに永住したウメ太郎です!

オーストラリアの永住権は看護師からも目指せますが、ハードルはやや高めです。

それでも看護師を目指す方が多いのもそれなりに理由はあります。なぜのか?それほど永住権が取りやすいのか?

今回の記事は、看護師から永住権を目指す方がこれからどのように進めていけばいいのか判断できるようにまとめています。

それでは今日もアツく語り合いましょう!

看護師が人気の理由

オーストラリアの永住権はなぜ看護師から狙う人がいいのかご存知でしょうか。

永住権を考える上で職業はとても重要です。職業選びに失敗すると永住どころか就労ビザすら取れない状況になることも。

看護師は永住や移住のビザが狙える職業リストに頻繁に載っているので将来的に移民法改正の影響が受けにくいとされています。

さらに1990年以降の移民ブームで、爆発的に増えた人口が慢性的な看護師不足も引き起こしているので、看護師から永住権は狙いやすいといえば狙いやすいです。

看護師になる方法

永住権を見据えて看護師になるには職業選びから始めます。オーストラリアでは全ての職業を番号で管理しており、その番号をANZSCOコード(職業コード)と呼んでいます。

看護師から永住権を目指す方のほとんどは

  • 254499/Registered Nurses nec

を選んでいます。つまり留学から始める人は上の職業に関係する学科やコースを選んでいるんですね。

理由は単純で職業リストに載っているから。

これからの説明はこの職業について深く掘り下げる形で書いていきます。

看護師までの大きな流れ

まず、看護師になるには次の2つの方法があります。

  • 日本で看護師 → 永住権
  • AUSで留学 → 永住権

どちらの場合もオーストラリアで看護師として働くためには看護師としてのライセンス登録が必要で、そのためにはお仕事経験の証明が必要です。

それらをパスすることで永住権を申請できるようになります。

ざっくりカンタンに流れ図にすると、

留学 or 日本でのお仕事経験
技術査定
看護師のライセンス登録
永住権の申請

ですね。

大枠が分かったところで、それぞれを細かく見ていきましょう!

看護師になるまでの背景

ご自身が日本での看護師経験を活かしたいか、それとも看護師と関係する学校に留学するかによってライセンス登録までの道が違います。

日本の看護師経験を活かす場合

日本の看護師資格はオーストラリアのものと互換性がありません。

看護師として登録するには日本での経験をオーストラリアで活かせるようにBridging Programを3ヶ月間にわたって受けます。

看護系の学校に留学する場合

日本での経験が無い方は看護師になるためにオーストラリアの関連するTAFEや大学を卒業する必要があります。

ここで重要なのは、学部を決める前に学校に自分が目指すANZSCOコードと選んだ学部や学科に関係性が強くあるか確認すること。

これを怠ると、次の技術査定をパスできなくなります。

お仕事経験の証明

ライセンス登録するには、看護師として仕事をするために必要な能力を持っているかどうかを証明するために技術査定を受けます。

技術査定はお仕事経験を査定してもらうとも言えます。

査定の結果は、申請したANZSCOコードに置き換えた場合にどれくらいの年数に相当する実務経験があるかが認定書に記載されます。

看護師の技術査定は ANMAC (Australian Nursing and Midwifery Accreditation Council)を通します。

ライセンス登録

看護師としてオーストラリアで仕事をするにはライセンスが必要です。

技術査定の結果をもとにAHPRA (Australian Health Practitioner Regulation Agency)で登録をしましょう。

看護師から目指せる永住権

オーストラリア永住権はたくさんありますが、その中でも看護師から永住する方は下の5つの永住権が主なビザです。

大きな点は、自分の能力をポイントに換算して申請する永住権と、お仕事ありきの永住権。

S489は4年間住めるテンポラリービザですが、2年後にS887永住権を申請できます。

それぞれ簡単に紹介します。もしさらに詳しく知りたい場合は上のリンクを辿って下さいね。

ポイント制の永住権

このタイプの永住権はとても事務的に処理されてビザ申請条件をパスすると招待メールが送られてきます。

ひたすら自分のポイントを上げることに専念すればいいだけです。

ただ、ココ数年で看護師枠の必要ポイントが80点〜95点とかなり高く化け物じみた英語力や看護師としての経験を持つ方でないと申請ができないほどの難しさに上がっています。

少しでもポイントを稼ぐために英語力を上げるのはもちろんのこと、それに加えて人口の少ない地方に住むなり、おまけポイントをいかに稼げるかが永住への道にとっても重要です。

パースやメルボン、シドニー、ブリスベンなどの大都市で目指すのは、よほどの自信家で無い限りやめたほうが良いですね。

狙える永住権は

です。

看護師から永住権を狙うことを想定したポイントのシュミレーションを行っているので、「オーストラリアで看護師としてポイント制の永住権を目指す方法!【ハードル高め】」の記事も参考になると思います。

お仕事ありきの永住権

看護師として就職し、会社からビザのスポンサーをいただくことで申請ができる永住権です。

ポイント制と比べて難易度は低めです。ただし、会社から永住権のスポンサーになってあげたいと思わせるくらいの信頼度をいかに築くか。ここが運命の分かれ道になるでしょう。

狙える永住権は

です。

最後に、看護師はハードルが高め

日本での看護師経験がない限り、この職業で看護師を狙うメリットは低いのが正直なところ

まず、留学するケースだと学部や教育機関によって卒業までに掛かる期間は2年〜4年。

しかもそのコストは50,000ドル〜80,000ドルが相場。学生ビザで学費を稼ぎつつ勉強もするのできなくはありませんが、それなりの覚悟が必要です。

さらに数年後は移民法がどのように変わるのかも未知数。ココ数年で移民法はガラリとかわりました。

移民法は一概に常に悪い方に変わるとは限りませんが、何かしらの影響を受けて軌道修正していく精神的なコストもあります。

あえて難しい看護師を挑戦するよりも、別の職業を選ぶほうが理にかなっている部分はあるでしょう。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリアで永住権を取る「相談」は参考程度にするべき理由

次のページ > オーストラリアで会計士から永住権を目指す方法!デメリットも

スポンサードリンク

コメントを投稿