オーストラリアは移民の犯罪が少ない話【難民は高い】

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアは移民政策で犯罪率をコントロールしています。

犯罪率を国籍だけで見ると移民はとても優秀。特に人道支援的なビザで入国した人たち以外の犯罪率はとても低いです。

犯罪率を上げているのは他でもないオーストラリアで生まれた人たち。

今回は犯罪と、移民との関係について考えていきます。

オーストラリアの犯罪率は日本の3倍

世界各国の犯罪をランキングにした一覧を見ていくと、オーストラリアの犯罪率は決して低いとは言えません。

日本のほぼ3倍治安が悪いです。

それなりに犯罪率は高いですね。世界と比べてみてもだいたい真ん中くらい。治安が悪そうなイメージがある中国より悪いんですね。

ただ、これでもオーストラリアの移民政策のおかげで低くコントロールされているくらい。

もしオーストラリアが移民大国でなければ犯罪率はさらに高くなるでしょう。

犯罪率が低いのは移民のおかげ

オーストラリアに移住した人たちは犯罪をしません。というと誇張しているかのように思いますが、だいたい合っています。

ビザの申請条件に警察証明の提出を義務付けていますね。過去に犯罪を犯してしまうと証明書で前科があることが記載されます。

そうなるとビザ申請をパスするのはかなり厳しくなるのが確実。

また、たとえ永住権を取ったとしても次のビザ更新で引っかかることもありえます。もっと言えば市民権を剥奪された方もいるんですね。

犯罪をすることでオーストラリアに住めなくなるかもしれない。その可能性は移民から犯罪をする考えを無くしているのです。

このあたりはオーストラリア政府の移民の使い所をしっかりと把握していると関心しています。

犯罪の4分の3はオーストラリア生まれ

これは事実です。

ビクトリア州で考えてみると、犯罪の73%はオーストラリアで生まれた人達によってなされています。

セカンド・ジェネレーション以降の人数が圧倒的に多いのでこれは納得できます。

犯罪の内容を見ていくと、不法侵入や泥棒、車上荒らしなどモノに対しての犯罪はオーストラリア生まれの人が多く、殺人や暴力などの割合は少なめ。

このあたりは、旅行者やワーキングホリデーの方が多いのだと思います。やっぱり海外に行くとだれでも浮かれると思うので。

犯罪者が多い移民は?

移民は全く犯罪をしないわけではなく統計を見ていくと犯罪者が多い出身国があります。

スーダン、アフガニスタン、イランから移民している方々は

  • 戦争→難民申請

の経緯で移民している方が多く、再犯率が高いです。

難民でオーストラリアに移住した人は犯罪者になってもビザが剥奪されにくいのかもしれませんね。

移民政策の特徴はコントロール

オーストラリア政府は移民政策によって人口調節、経済の発展をコントロールしています。

ただ、それだけではなくて国内の犯罪についてもビザの規制を高くすることでコントロールしているのではと考えています。

たとえば、前科がある方でも入国できる可能性もありますが、移民してからの犯罪率が高い国籍についてはビザ発行を拒否するなど。

オーストラリアは移民を資源だと考えているところがあるので、ありとあらゆるモノに移民の力を使っているのだと思います。

そう考えると犯罪率ですら移民の力を使ってある程度コントロールしていると見るべきでしょう。

海外の移民問題との比較は無意味

ヨーロッパはこれまで人道支援の流れで大量の難民を受け入れてきました。

あるドイツの移民問題を研究している方が、移民の人口密集地域と犯罪率の関係性をしらべていたところ、移民があるまる場所は犯罪率も高かったことを突き止めました。

ただ、ボクはオーストラリアではこれは当てはまらないと思います。

というのは、オーストラリアでは移民するためのハードルが比較的高いです。

移民するには何らかの、人より秀でた能力やお仕事経験が必要でかれらは母国ですでにそれなりの生活をしている人が多い

ドイツの移民と犯罪率の問題とはまったく背景が違います。

オーストラリアにも難民の方もいますが最近は難民収容センターに集められていて国内に入ってこれないようにもなっています。

そういった意味で、オーストラリアの移民政策はは移民国家としては成功しているのかもしれませんね。

最後に、肌感での安全さ

実際にオーストラリアのパースに5年住んでみた感覚で判断すると、治安はそれほど悪いと感じません。

ただ、オーストラリアにも治安が悪い地域がどの都市にもあります。パースだとミッドランドの犯罪率がありえないほど高いですね。

また、人があるまるシティ中心から半径5キロ以内も犯罪率がとてつもなく高いです。このあたりは観光客やワーキングホリデーの方がよく行く、働く場所だからでしょう。

また、パブやクラブもあるので犯罪が起きやすい環境あとも考えています。

治安を心配するのであれば夜を気をつけること、なるべくひとりで歩かないようにすれば十分生活できる安全さです。

世界で一番安全な国で生まれ育ったボクタチにとっては海外はどの国でもキケンです。ただ、オーストラリアについてだけ言えばそこまで深く考える必要はありません。

常識的に考えて危ないかな?と思うような場所にはいかない、そんな時間帯に出歩かないようにすればまったく問題がありません。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリアの移民政策とこれからの移住。今後の移住を考える!

コメントを投稿