【オーストラリア】現地就職はワーホリ中がベスト【可能性が高いです】

こんにちは、うめ太郎です。

オーストラリアでワーホリから現地就職するのは難しくありません。

むしろ自分で思っていたよりも簡単に現地の会社に就職できるのがホントのところ。

ただ、遊んでいるだけでは現地で仕事を見つけられません。現地就職をするにはコツがあります。

今回はこれからオーストラリアでワーホリする人が現地就職できるようにためになる考えを示していきます。

現地就職はワーホリが強い

オーストラリアの現地企業に就職するには、「日本から求人に応募する」「オーストラリア国内から求人に応募する」の2通りがあります。

自然に考えて、オーストラリア国内で現地就職を目指したほうが成功の確率が高いのは確実。

言葉の壁もあるので直接会えるのは就職を決めるのにアドバンテージがあります

しかもオーストラリアで一度でも働いたことがある人はオーストラリア特有の働き方や人との接し方がある程度身についているので面接中の対応もスムーズです。

ワーキングホリデービザほど簡単に取れる働けるビザは少ないので現地就職するなら絶対にワーホリで入国して現地で就活するのがいいですね。

現地就職の鍵はワーホリ中の過ごし方

いくら現地就職はワーホリ中のほうが成功しやすいと言っても遊んでいるだけだと無理です。

日本にいるときから現地就職に向けて準備しておくことが必要。その中でいちばん大事なのは英語力

オーストラリアは英語社会なのでワーホリの方であっても英語がそれなりに話せると永住者よりも仕事が見つけやすい

できれば英語で日常会話くらいスラスラ話せるのがベストですがワーホリ中にゼロから英語力を高くするのは間に合いません。

オーストラリアのローカル会社で働こうと思うと前準備次第で結果が決まります。

英気前留学という手もありますがこれからワーホリするのだからなるべく費用を押さえるとなるとオンラインがベターですね。

その手のサービスはレアジョブ英会話とかが有名どころ。その他にはオンラインレッスンではありませんが英語喫茶とかも使っていました。

週1回でもレッスンを受けておくとオーストラリアに入国してからの伸びが違います。

一昔前と比べてネットワークスピードもかなりUPしたので音声も聞き取りやすく十分なクオリティです。

現地企業に就職する方法

現地就職を目指すなら効率的に自分の履歴書を会社に送れるかどうかで就職がきまります。

特に2015年以降はオーストラリアの景気も落ちてきているので就職活動してから働くまでの期間が長くなる傾向があります。

英会話力がない人はさらに時間がかかるとおもうので事前の準備はもちろんのこと、徹底的に動くことが大事。

メジャーな就活方法は

の3つの就活サービスを使って現地の会社に履歴書をオンラインから送りましょう。

徹底的に自分をアピールする

運良く面接までこぎつけた後は自分が何が得意なのかを徹底的にアピールしましょう。

多少、誇張しても全く問題ありません。他のライバルの方は実際の経験の5倍は盛っています。

それがオーストラリアのやり方なので自分も「郷に入っては郷に従え」とことわざにもあるように順応しましょう。

トライアルで食い込む

もし面接に失敗したらそこで引いてはいけません。

他の会社から断られているのであれば、無給のトライアルでもいいので1週間働いてから決めて欲しいと交渉するのも手です。

これまで面接を受けて良い返事がもらえそうな会社があればあえて言う必要はありません。もう後がないような状況のときに一歩前に出る心はこの世界では重要です。

英語がペラペラな方は次のチャンスがすぐに転がってきますが、そうでないなら周りより不利な土俵で現地就職を勝ち取らなければいけないことを頭に入れておくと良いと思います。

このあたりは日本と違って、

  • しつこい=やる気ある

と思われるので吉とでることもあります。

現地企業に就職するとなるとある程度の覚悟は必要です。

関連記事:オーストラリアで就職するのに必要な努力の量。ゼッタイに就職したい人向け

現地就職はビザの問題がつきまとう

オーストラリアはビザがなければ働けません。ワーキングホリデービザはオーストラリアで一番簡単に取れる働けるビザです。

ただ、期限は最大でも3年で、同じ雇用主のもとでは6カ月しか働けません。

やり方次第ではワーキングホリデーでも6カ月以上同じ雇用主のもとで働くことは可能ですが、原則的には別のビザを取るのが妥当なところ。

就労ビザなわけですね。

この就労ビザを取るのが少し厄介で、申請のために色々と細かなルールがあります。

一番ひっかかりそうなポイントはお仕事経験

就労ビザではお仕事に関わるオーストラリアのライセンスやお仕事経験があるかどうかの証明が必要でそのあたりは大学の学部や日本での職歴が関係してきます。

関連記事:ワーホリで6ヶ月以上働くコツ。就労制限をしって賢く働く!

職歴がないなら地方で就職

人口の少ない地方では就労ビザの申請に必要なお仕事経験の証明が必要ない職業もあります。

ココ最近注目が集まってきているDAMAビザがそのひとつで、もしお仕事経験に自信がない場合は都市圏で就職するのを諦めて人口の少ない田舎エリアに拠点を変えてみるのもいいと思います。

関連記事:ゼロからのAUS移住にピッタリな田舎移住はDAMAsを経由した方が良い。

最後に、現地就職のチャンスは3年

ワーキングホリデービザは1回目、2回目、3回目の合計3年間もオーストラリアに住めます。

逆に言うと現地就職できるチャンスも3年。この3年をどう有意義に過ごせるか、オーストラリアの現地企業に就職するために行動できるかが後の永住権にも関わってきます。

現地就職は難しくあります。就職に向けて行動できるか、準備できるかでかなり高確率で就職できるでしょう。

ありがとうございました。

次のページ > オーストラリア留学を最大にトクするクレジットカードは?【最低1枚は必要】

次のページ > ワーホリ・留学にベストな航空券の種類と買うタイミングを知る

コメントを投稿