オーストラリアの観光で一番有名なビザ!ETAビザ!申請条件や費用など

オーストラリアへ旅行に行く時はこのETAビザが便利です。費用はたったの20ドル。さてこの一番有名な観光用のビザは何なのでしょうか。

3ヶ月以内の観光であれば、申請も早く手頃なETAビザを使ってオーストラリアに入国しましょう。

このビザの正式名称はElectronic Travel Authority (ETA:Subclass 601)です。一般には観光ビザやETASと呼ばれています。*
* ETASは欧州の観光ビザなのでオーストラリアの観光ビザと混同しやすい

EU加盟国の国籍を持っている方は別のビザを申請するので間違えないでくださいね。

今回の記事はこのS601ビザについて申請条件や詳細を書いていきます。

それでは行ってみましょう!
  • このビザをオススメしたい人
  • ETAビザで出来ること。
  • 申請条件
  • 気をつけること
  • 移住についてのアドバイス

このビザをオススメしたい人

オーストラリアに短期間の旅行に行きたい人、語学学校に数週間だけ通いたい人、ボランティアを経験したい方にオススメ出来ます。

また、お仕事でも賃金が発生しないクライアントとのミーティングなどにも使うことが出来ます。

オーストラリアに滞在する期間が3ヶ月以上の場合はビジタービザがオススメです。AUSに最大1年間滞在することが出来ます。

ETAビザで出来ること

オーストラリアに3ヶ月間滞在することが出来ます。ETAビザの有効期限は12ヶ月で初めて入国した日から3ヶ月のカウントが始まります。

ビザの有効期限内には何度でもオーストラリアに出入りすることが出来ます。

申請条件

ETAビザの申請はオーストラリアのビザ申請でも一番簡単です。英語に抵抗がある方でも頑張れば申請が出来るので是非トライしましょう。

必要書類はパスポートだけです。犯罪歴が無い証明や大きな疾患がない証明が移民局から求められる場合がありますが、日本人の場合はそのケースはほぼ無いので安心してください。

ビザの申請費用は20ドルです。また申請はオーストラリア国外から行わなければなりません。

また、ETAビザは旅行者人数分申請しなければなりません。一人一つのETAビザが発行されます。その際の費用は人数分掛けられます。

ビザの発行は24時間以内に行われます。ビザは自動的にパスポートにリンクされるので入国はパスポートだけで問題ありません。
不安な方は在日オーストラリア大使館に行き、ビザラベルをパスポートに貼ってもらうと安心です。その際は50ドル請求されます。

トランジットビザ

オーストラリアは経由地で3日以内しか滞在の予定がない場合はトランジットビザの方がメリットがあります。

トランジットビザの申請もETAビザと同じように簡単で、なにより無料で申請できます。

気をつけること

ビザの申請後に万が一パスポートが変わってしまった場合、オーストラリア移民局または在日オーストラリア大使館に連絡を入れてください。

それを怠ると入国できない場合があります。

移住についてアドバイス

オーストラリアに短期間の語学留学や観光に行く場合はETAビザを使うと良いでしょう。

もし出来るだけ滞在費を抑えながら3ヶ月間たっぷりとオーストラリアを満喫したい!と思う人はボランティアをオススメします。

ボランティアの中には宿泊施設、ご飯、ネット環境付きの条件があるので、滞在費にほとんどお金を掛けずにオーストラリアに住むことが出来るのはとってもメリットがありますね。

語学学校に高いお金を払うより、お金を節約してまたETAビザでオーストラリアに入国を繰り返すほうがよっぽど語学力も伸びます。

ビザ申請も簡単で一人で出来るので是非トライしてみてください。

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)
*Twitterではブログで記事にできない移民法のニュースを配信しています。良ければフォローをお願いします!

コメントを投稿