語学学校からオーストラリアの永住権を目指す!【結婚のススメ】

こんにちは、うめ太郎です。

語学学校からオーストラリア永住権への道はあるのか。

事実を言うと、語学学校で学ぶスキルから永住権への道は移民法的にありません。

しかし!そこは当ブログ、おーすとらりあ移民局。永住権の方法は無いとは言いません。

永住する最終目的を考えた時に語学学校を永住権のテクニックとして使うことで道がひらけます。ただ、正攻法ではありませんね。。。

今回は、語学学校から永住権を目指す方法について考えていきます。

語学学校から永住権の道

オーストラリアでは永住権を取るためには

  • お仕事に関わる技能→永住権
  • 結婚→永住権

の2つの方法があります。

学生ビザを取ってTAFEや大学・大学院に入学して技能を身につけ、就職し、会社からのスポンサーありきで永住までこぎ着けるのが王道なやり方。

またはポイント制の永住権と言って自分の能力(ポテンシャル)をポイント換算して一定以上で永住する方法もある。

このやり方だと語学学校からでも永住権を狙えるのではないのか?と思うかも知れませんが、残念ながら語学学校ではビザの申請に必要な技能を学べないので道はありません。

英語はオーストラリアで不足している職業ではないんですね。

結婚のための時間稼ぎ

学生ビザは働けるのでやり方次第でかなり長期に渡ってオーストラリアに住み続けることが可能になります。

つまり語学学校に通うことで永住権を手に入れることはできませんが、学生期間中にパートナーを見つけて永住権を申請するというやり方が使えます。

冒頭でも話したテクニックの部分です。

このやり方を使ってパートナービザを申請した人たちを何人も知っているので人気の永住方法の一つです。

永住権までのタイムリミットは数年

ただ、語学学校に何年も通いつづけるのは限界があります。移民局はビザ目当ての留学を規制するためにGTE(Genuine Temporary Entrant)を導入しました。

GTEは留学の正直な理由を移民局に提出する書類です。この理由書の提出が求められるようになってから、学生ビザの拒否率が上がったそうです。

語学学校の契約期間が終わり、また延長するには学生ビザの延長(最新性)も必要で、何度も語学学校に行き続ける理由を移民局のケースオフィサーが納得できる形に仕上げるのは難しいのが現状。

語学学校にある程度通った後はTAFEやビジネススクールなどステップアップが必要になります。

したがって、語学学校に通えるのは「数年」と見ておいたほうがよく、その間に進学するか、パートナーを見つけて永住権を申請するのか決着をつけなければならないでしょう。

語学学校の費用

州によって語学学校の学費は変わってきますが、だいたい$200ドル〜$350ドルくらいが目安です。

オーストラリアは毎年物価が上がるので少しづつ学費も上がってくことを覚えておきましょう。

学生ビザの方は2週で40時間しか働けないので学費を考えると生活費は結構カツカツなのが現実。

語学学校に通っている友達に聞いてみると労働時間の制限が無くなるスクールホリデーで思いっきり稼いだり工夫しながら生活していると言っていました。

それくらい、語学学校と私生活のやりくりは難しいんですね。

関連記事:徹底的に解説!学生ビザの労働条件や40時間以上働く方法

パートナーが見つかるまでの目安

語学学校から永住権を目指すとなるとパートナービザを考えられる彼氏・彼女を見つけることが話しの中心になってきます。

その際の目安は人それぞれですが、これまでパートナービザを申請した人およそ5人に聞いたところ、語学学校に入学してから6ヶ月〜2年の間だそうです。

ご本人様がパートナーを見つけるためにどれくらいアクティビティをするのかによって期間は掛かるのであくまで目安としてくださいね。

まとめに入ります。語学学校から永住権を取るには留学中にパートナーを見つけられるかどうかに掛かっています。

真剣に人生のパートナーを見つけるのはなかなかレアかもしれませんが、人気の永住方法のひとつになっているので挑戦してみるのも良いかも知れません。

ありがとうございました。

次のページ:9ヶ月住める婚約者ビザとは?フィアンセとの結婚前にまず考えたいビザ

次のページ:オーストラリアでパートナービザを狙う?スポンサーに必要な条件を解説!

スポンサードリンク

コメントを投稿