【オーストラリア】457ビザの変更点のおさらい!2020年最新情報

こんにちは、うめ太郎(@o_sutoraria)です!

オーストラリアのS457ビザはこの数年でかなり色々と変更がありました。変わったというか移民法の影響を受けまくっています。

2019年11月に地方ビザがリリースされ「457ビザからの道は?TSSからの道は?」など色々情報が流れていますよね。

また、その他にもS457ビザを持っている人に対するチェックも厳しくなりました。

そこで今回は、S457ビザの変更点をわかりやすく整理することにします。今、S457ビザを持っている人にとっては移住への道標に、そうでない人に対しても今後の法変更がどのように行われるのかについての将来のヒントをつかめると思います。

S457ビザの変更点をサラッと

まず、457ビザはオーストラリアで働けるビザ。移民局ではSubclass 457として呼ばれているのでわかりやすくビザ業界ではS457と呼んでいます。

この就労ビザはオーストラリアが移民を本格的に受け入れる事を決断した1996年に誕生しています。

当時は仕事が見つかると永住権がほぼ無条件で取れる内容でこの時からS457ビザを使って移民がオーストラリアに流入しています。昔は永住しやすかったんですよね!

オーストラリアの移民法は数十年でどう変わったか?【2段階移住にシフト】
昔のオーストラリアは誰でも永住権がとれると言っていいほど簡単でした。今では信じられないような移民政策があったんですね。オーストラリアに長く住んでいると、いろいろな人と出会うわけで、昔はいかに移民がしやすかった話を聞く機会があります。その会話から当時の移民法を知ることも

それが2012年に2年働くことで永住権が取れるように変更。またオーストラリアで不足している職業を中心にビザを割り当てるようになりました。

ここ1,2年で移住を目指した人には馴染みが無いと思いますが、CSOLやSOLなど名前くらい聞いたことがある人は少なくないはず。この2つはオーストラリアで不足している職業が集められているリストなんですね。

本格的なS457の変更

ただ、オーストラリアの景気が右肩下がりに落ちてきたのが2016年。それ以降、オーストラリアにとってとっても価値ある人だけS457から永住権への道を作ろうと法改正を始めたのが2018年。

移民法改正の話が出た当時はS457から永住権の道が閉ざされる予定だったところ、2017年4月までにS457ビザを持っている人に対しては影響出ないということになり一旦は落ち着いています。

そういう紆余曲折ある情報が未だにネットに残っているので何がどうなっているのか掴みづらいんですよね。

2018年に変わったオーストラリア永住権の内容とこれからの動き
オーストラリアの2018年は永住権の法律が一段と厳しくなりました。永住権を目指している方が一番被害を受けたのが2018年だったと思います。ちょっと今さら感がありますが、今日は永住権からみの移民法が2017年から2018年にかけてどう変ったのかについて考えていきます

S457ビザからの永住権

S457はTSSビザ(S482)に変わり、その際に2017年4月18日までにS457を持っている人に対しては「これまで通りのルール+IELTS6相当の英語力」で雇用主指名永住権(S186)を申請できます。

それ以降にS457が発行された人に対しては、MLTSSLに載っている職業を持つ方だけが永住権を申請できることに。

職業リストは2年のSTSOL職業リストと、4年のMLTSSL職業リストがあり、オーストラリアの経済に重要な影響力を持つ職業リスト(MLTSSL職業)だけから永住できるってことですね。

オーストラリア永住権、S457ビザから永住権を狙う4つの方法とボクの選択
法改正があったサブクラス457ビザから永住権はできるのか?申請条件は?オーストラリアにはたくさんのビザがあり、その中でも人気のビジネスビザは永住権への道があるので人気です。サブクラス457(S457)ビザから永住権を申請ができますが2018年の法改正のこともあり永住権を目指す人たちの間ではよくあがる話題

S457からRSMSの申請への影響は?

2019年11月の法改正に伴って、2017年4月18日までにS457ビザを持っている人は、Transitional 457 Workderとまとめられ、その人たちに対してはRSMS永住権を申請できる事になっています。

外部リンク(英語):Skilled visa news letters 2019

S457のチェックが厳しくなる

お仕事関係に関わるビザには最低賃金が設けられており、S457の場合はAUD $53,900の年収が必要です。

この年収が実際に支払われているかどうかのチェックが移民局と税務局(ATO)との間で2019年から行われるようになりました

ほとんどの会社ではしっかり支払われているはずですが、ごく一部の違法な会社ではビザの見返りに契約より低い給料が支払われている問題があるんですね。

移民局はこれまで何度も不正に対するチェックを厳しくする発言をしていますが、今回の変更もその一つでしょう。

オーストラリアの給料未払いや違法賃金。5人に1人が被害者になっている
給料未払いって嫌ですよね。だれも経験したくないできごと。だけどビザのためにそれを喜んで受け入れる人もいます。そしてそれを利用する企業も。FairWorkの監査官が発表したところによると、オーストラリアで働く2割の人たちが給料未払いや違法賃金で働いていると調査結果を公開しました。5人に1人が仕事の給料絡みでトラブルを抱えている計算です

外部リンク: Five important immigration changes in Australia in 2019

S457の変更点、まとめ

まとめに入ると、S457は2018年にTSSビザに新しく生まれ変わりました。TSSビザでは4年の期限があるビザだけが永住権への道があります。

会社がビザをサポート → 永住権

2017年4月18日までにS457ビザを持っている場合は、

  • 2年働く
  • IELTS6相当の英語力

で永住権を申請できます。

2017年4月18日以降にS457ビザが発行された人は、

  • 職業がMLTSSL職業リストに載っている
  • 3年働く
  • IELTSの6相当の英語力

で永住権を申請できます。

S457ビザ→RSMS

2017年4月18日までにS457を持っている人はRSMSを使って永住権を申請できます。

それ以降は新しい地方ビザを経由して永住権を申請することに。

また、ビザ申請時に移民局に提出した契約書に記載の給料が本当に支払われているかどうかのチェックも行われている事も書きましたね。

いかがでしたでしょうか。

今回はS457のビザ変更について2020年時点の最新情報を踏まえながら解説していきました。

この記事がこれからオーストラリアで永住をめざす人に参考になれば幸いです。

オーストラリアに永住したいと思う全ての人に幸運を。

ありがとうございました。

次のページ:移民コンサルタントの実力は?実際のやり取りから読み解く

次のページ:オーストラリアで人気の就労ビザ!S457について

ADVERTISEMENT