オーストラリアのビザをちょっと詳しく。最低限のちしき

オーストラリアに短期であれ長期であれ滞在するときはほとんどのケースでビザが必要になります。とっても複雑にみえるビザのルールも知ってしまえば意外とカンタン。

ビザについて右も左も分からない人のためにビギナー向けのビザ情報をまとめました。

さらにオーストラリア移住の計画をたてるときに最低限の知識を知ることでつまづきやすいややこしい部分が解消されます。

それでは今日もアツく語っていきます!

ほとんどのケースでビザが必要

オーストラリアに入国するにはビザが必要です。たとえ空港内のトランジット(経由地)入国であってもビザが必要なくらい入国管理を厳しくしています。

ビザが必要のないケースは空港内トランジットが8時間未満のときだけ。つまり殆どのケースでビザが必要になるのです。

日本人がビザなしで入国ができる国は190カ国もあるので普段からビザを意識しませんが世界、とりわけオーストラリアは

入国 = ビザがいる

となります。

キホンのキホン。ビザとパスポートの違い

わかりにくいパスポートとビザの考え。一言で言うと

  • パスポートは身分証、
  • ビザは入場券

の役割をします。

パスポート

パスポートは世界で共通の身分証です。どこに行ってもボクたちは日本人と証明できる書類。あなたは誰?の答えをだせる書類ですね。
したがってパスポートの発行は日本がします。

ビザ

それに対してビザは、いつからいつまでオーストラリアに滞在できるのか。また仕事はできる?なにか他に守るルールはあるか?など入国してから守るべきルールです。

ビザはimmiアカウントを通して申請します。申請のために必要となる書類や条件はそれぞれのビザごとに決められていてさまざまです。

ビザの有効期間が長いほど申請費用や条件が高くなります。

またビザの申請者のことを移民局ではPrimary申請者とも読んでいます。それに対してビザに含められる人たちはPrimary申請者と呼びません。

目的に応じて申請しましょう。

オーストラリアに入国する時に必要になるもの

これまではビザラベルというものが入国に必要でした。ビザが発行された印としてパスポートに貼ります。

ただ、もっと手間を省こうという流れの中で数年前からビザラベルがパスポートの番号とリンク!それによって、ビザラベルなしでパスポートだけで入国ができるようになりました。*
* ビザ申請者のパスポートに自動でビザがリンクされる仕組みになっていて、ビザラベルをパスポートに貼る必要性がなくなりました
ボクたちビザを申請する側もビザの発行後に在日オーストラリア大使館に行かなくてよくなったのは楽でいいですね。

ビザラベルをつけることも可能

という人のために、日本にあるオーストラリア大使館で70ドル支払うことでビザラベルをパスポートに貼ってもらえます。

入国してからのルールを知る方法

とっても簡単にビザの有効期限や守るべきルールを確認できます。VEVO (Visa Entitlement Verification Online system)を使えば24時間、好きな時間にすぐにビザのコンディションを知れます。

じぶんはどのビザ?

オーストラリアは目的に応じてビザを7つに分けられます。72のビザが2019年現在に存在しています。

まずは、ビザの中でも一番の申請数を誇る観光ビザ。3ヶ月のETAビザ、1年未満の訪問ビザがあります。

ついで学生ビザが2番目に申請数が多いと言われています。オーストラリアでは学生ビザでも働きながら学校に通えるビザ条件になっているので留学先として人気があります。

そして、労働ビザ。オーストラリアではビジネスビザと呼ばれています。当然その目的は働くことです。労働ビザから永住ビザへの道があるのでオーストラリアへ永住を目的にこのビジネスビザを狙う人が多い。ボクもその一人です。 

次のページ > オーストラリアで働くために必要な就労ビザの取り方教えます。【難易度は中】
そして永住ビザ。永住権やPRと呼ばれています。有効期限は5年間で、5年毎にレジデントリターンビザといって更新をします。基本的にはオーストラリア市民と殆ど変わらない待遇が受けられます。

オーストラリアに移住したいと思う人に幸運を。

次のページ > オーストラリアに永住したほうがいい理由を考える【その先の目標が必要】

コメントを投稿