オーストラリア永住権のポイントテストで10点稼ぐ方法!2019年更新


オーストラリアのポイント制の永住ビザで10点上げる事が出来ます。

人口の少ない地方都市に移住することを条件に申請できる技術地域ビザ (Skilled Regional Visa:Subclass 489)はポイントを10点も加算してくれます。

このビザは政府がビザをオファーすることで4年間地方に住み働くことが出来る一時ビザです。

このS489ビザはテンポラリービザですが、2年地方で働くことで永住ビザを申請できるようになります。*

* Skilled Regional (Residence) Visa:Subclass 889

S489はポイント制の移住ビザです。2018年からポイントが65点になりました。
このビザを申請することで65点のポイントの内10点は控除されます。

10点も上乗せされるのはS489だけ

移民局にあるS489のページに行くと以下のように追加でポイントが加算されるとあります。


余談ですが、この情報は自分の職歴が職業リストに載っているか確認していた所、偶然S489のページに辿り着き、ポイント上乗せの事をしりました。
Nomination by state or territory government or sponsorship by an eligible family member to reside and work in a specified/designated area (visa subclass 489 only)
S489のポイントテーブルにもしっかりと10ポイント上乗せの事が書かれています。



人口が少ない地域に住む事で10点加算される事が書かれています。
また、人口が少ない地域に住んでいる親戚からビザの指名も出来ると書いていますね。

移住についてのアドバイス

ポイントテストとはいえ、田舎に住むことで10ポイント控除されるのはかなり大きいです。

実質55ポイントで4年間の移住ビザが手に入り、その後に2年働けば永住権を申請できるのはとってもメリットがあると思います。

無いよりマシと思ってとりあえず申請してみるのも良いかも知れませんね。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント