ポイント制でも取りやすい技術指名ビザとは?条件や手続きの流れ!

政府指名ビザ 永住権 オーストラリア 取りやすい
オーストラリアの州やノーザンテリトリーから永住権のオファーをもらうことで申請が出来る永住権があります。

それが技術指名ビザ(Skilled Nominated Visa: Subclass 190)と呼ばれる永住権になります。

この永住権はポイント制の永住ビザで特徴はオーストラリア政府からビザのオファーをもらい申請する事です。*
* 政府からノミネートされるとも言います。

何がメリットか言うと、S190ビザは州やテリトリー政府がオーストラリア移住希望者にオファーをすることで、ポイントが5ポイント加算される事です。

今回はこのビザについて申請条件や手続きの流れをまとめてみました。

政府指名ビザが取りやすい理由

Skilled Nominatedビザでは職業リストが技術独立ビザ*と比べてかなり多いです。

S190が申請できる職業リストの数は418個もあります。それに比べて技術独立ビザ (S189)の職業リストは179個しかありません。
*技術独立ビザ (Skilled independent Visa :Subclass189)はポイント制のビザで政府のオファーが無くてもビザを申請することが出来ます。

S190の職業リストはSTSOL (Short-Term Skilled Occupation List)と呼ばれ、オーストラリアで不足している職業が主にリストに載っています。

ビザ手続きの流れ


その後にオーストラリアの州やテリトリーがスキルセレクトから一番ポイントが高いEOIをセレクトしてビザをオファーします。

EOIを提出した「S190ビザの希望者」はオファーを受け取った後にビザを申請することが出来ます。

移民局からの画像です。


ではビザの申請条件についてみてみましょう!

ビザの申請条件

スキルセレクト

EOI (Express of Interest)をスキルセレクトに提出します。

EOIの提出は S190で必要になるポイントやその他の条件をクリアしていなくても出来ます。ただし、その場合は政府からビザのオファーが来ないので注意が必要です。

ビザのオファーの条件は州やテリトリー政府ごとに微妙に違うので個別に確認することが必要です。

それぞれの条件は以下のリンクから確認することが出来ます。

技術査定

ビザの申請にはスキルアセスメントが必要になります。

オーストラリアで留学中に職業リストに対応しているコースを卒業した場合は修了証の提出が必要になります。*

* 学生ビザをお持ちの方で、CRICOSに登録されている学校を卒業した場合のみ対象になります。


技術査定の有効期間は3年間になります。

年齢


45歳未満です。

政府からビザのオファーが合った日 に44歳であれば、S190ビザの申請時に45歳になっていてもビザを申請することが出来ます。

EOIを提出した後に政府からノミネートされるまでの間に45歳になった場合はビザの申請資格はありません。

英語力

日本人は英語力の証明が求められます。*

移民局で受け付けてくれる証明書は以下のテストになります。
  • IELTS のジェネラルの各セクションで6.0以上。または
  • TOEFL iBTで Listening が12 , Readingが13 , Writingが21 、Speakingが18以上。または
  • Cambridge EnglishのAdvanced (CAE) の各セクション169以上。または
  • Occupational English Test (OET)の各セクションにてLevel B以上。または
  • Pearson Test of English (PTE) Academicの各セクションで50以上

* すべての授業が英語で行われている中学校以上の教育機関で最低5年間フルタイムで受けた場合は免除されます。

ポイント

65点以上が必要です。
2018年から最低点数が65点になりました。

健康証明

政府が指定する医療機関で健康検査を行う必要があります。だいたい$300くらい掛かります。

犯罪歴が無い事

AFP証明と言われる犯罪歴がない事を証明しなければなりません。

過去10年間に海外に1年以上滞在した場合はその国の無犯罪証明も必要になります。

移住についてアドバイス

政府指名ビザ (S190)は職業リストの数が多いので申請しやすい反面、ポイントが65点とかなり高くIELTSや地方に住むなどしてポイントを上積みする必要があります。

都市部で移住をしたい場合は相当の英語力(IELTS7か8)が必要になるので、よほど英語力と学歴に自信が無いと申請しにくいでしょう。

このビザを申請る為の移住のコツは地方で働き、住む事ですね。

おーすとらりあ移民局(@o_sutoraria)

コメントを投稿

0 コメント