オーストラリア総選挙が終わって次に来る移民法改正が発表!

2019年のオーストラリア総選挙が終わったことでペンディングされていた移民法改正案が本格的に動き出します。

何が変わるのか?保守連合を率いるモリソン首相が選挙前に明言していた改正内容を中心に詳細にレポートします!

それでは今日もボク、うめ太郎とアツく語り合いましょう!
  • 地方向けのビザが始まる
  • DAMAの対象地域が増える
  • ビジネスビザの最低年収がUP
  • ビザの健康チェックが緩和?
  • 職業リストの更新理由を明確に
  • 技術査定の難易度が上がる
  • 投資を認証式にする
  • TSSビザの最速最短のスポンサーシップ
  • 移住へのアドバイス

地方向けのビザが始まる

3つのビザが新しく始まります。代わりにRSMS、技術地方ビザ(S489)が廃止されます。

新しいビザのポイントは最低3年間地方エリアで働き、生活することで永住権を申請できるように。したがってRSMSビザのようにダイレクト・エントリー・ストリームを使いいきなり永住権を申請することが不可能になります。

新しくできる地方ビザについてはで詳しく説明しています。

DAMAの対象地域が増える

ビジネスビザでもとっても取りやすいDAMAのビザに新しく2つの州が対象地域として加わります。
  • 北部クイーンズランドの地域
  • 南オーストラリア州
一部の職業では英語力もそれほど必要なく、お仕事経験の証明も必要ありません。そんなウレシイ条件で申請ができるビザに田舎とはいえそれなりの人口がある地域が加わるのはとてもいい知らせだと考えています。

南オーストラリア州のDAMA情報については一足先に「南オーストラリア州でビザが取りやすいDAMAが始まります!」の記事で詳しく説明しました。

ビジネスビザの最低年収がUP

ビジネスビザでも中心核のTemporary Skill Shortage(TSS)ビザの申請に必要な最低年収がUPされる可能性がでてきました。

その金額、なんとAUD $62,000!


今の最低年収はAUD $53,900なのでざっとAUD 8,100も値上げする可能性が。

これはオーストラリア連邦政府にある法務諮問委員会が政府に対して提言しただけですが、法改正がそこに向かう流れはあるでしょう。

ビザの健康チェックが緩和?

滞在期限があるタイプのビザ(テンポラリービザ)における健康チェックが緩和される可能性があります。

これは仕事能力や経験はあるけれども健康チェックに引っかかりビザが下りなかったことで受けるスポンサー、ひいてはオーストラリアの経済的ダメージを緩和する狙いがあります。

とうぜん、永住権を申請する際の健康チェックの厳しさは維持されるでしょう。

見方によればオーストラリアに一時的にでも移住ができる方が増えるのでボクは支持しています。

職業リストの更新理由を明確に

技術系ビザを申請する際に証明するお仕事経験。その職業が削除や追加された際に理由を知れるようになる可能性も出てきました。

これまで職業リストが更新されると突然にリストの内容から自分が目指していた職業が消え去っていましたが、これにより納得できる理由を知れます。

削除された理由を統計的に分析することで、より狙いやすい職業がわかることになります。

技術査定の難易度が上がる

お仕事経験を証明するために受ける職業査定の精度が悪い問題も指摘されています。

技術系ビザの7割の方は技術系でなかった報告もされており、それによってオーストラリア経済に不利益が出ているよう。

今後は職業査定のチェック項目が強化され認定される年数が減る可能性があるのでなるべく早く受けることをオススメします。

投資を認証式にする

オーストラリアの永住権の一つに、多額の投資をすることで得られるビザがあります。

企業に投資することはオーストラリアの経済にメリットがありますが、それと同時に企業に対する影響力も増すということです。

ここではハッキリと国の名前を言いませんが、高いセキュリティが求められる企業に対して投資してほしくない国籍の方からの影響力が増えてしまうことはオーストラリアの安全保障上問題ありだということですね。

TSSビザの最速最短のスポンサーシップ

ビジネスビザのスポンサーシップの中でもわずか5日でビザが下りるスポンサーシップがAccredited Sponsor。

当ブログでも一足先に「ビジネスビザが最短で降りるスポンサーが出来た。スポンサーの新枠組み」の記事で詳しく説明しました。

株式・設備投資・研究の分野にAUD $50 millionの投資をした企業がAccreditedスポンサーとして認められるものです。

改正されるかもしれない内容は、この金額を投資できない企業でも雇用を生み出すような会社に対してはAccredited Sponsorとして認められる条件が追加されることに。

中小企業にもAccredited Sponsorが広まるのではと期待しています。

移住へのアドバイス

オーストラリアの総選挙ごとに変わっていた与党ですが今回の勝利により長期政権がでできる可能性が出てきました。

政権が長期で支持されることにより選挙前の移民法改正に関わる公約が実現しやすくなるのであれば、選挙の注目度ももっと高くなるでしょう。

いろいろと、オーストラリアのこれからは目が離せませんね!

オーストラリアに移住したい人に幸運を。

次のページ > オーストラリア選挙と政党ごとの移民政策|2019年選挙

次のページ > オーストラリア人の7割は移民を求めていない。2019年の総選挙にも影響

参考にした記事: Australia Immigration Important Updates After Elections 2019

コメントを投稿